老け顔 原因 20代

老け顔に見られる20代の私…原因っていったい何なの?

私はまだ20代なのにどうしていつも老け顔に見られるの!?

 

まだまだ肌もピチピチしているのに…涙

 

 

 

人間は年齢を重ねるにつれどうしても老化が始まってしまいます。

 

 

年齢を重ねてしまうと機能の低下というのは避けては通れません。

 

これは肌も同じことが言えます。

 

年齢を重ねることで筋肉が弱くなり肌のたるみが進行してしまったり、シミが目立つようになったり、シワやほうれい線が以前に比べてハッキリしてしまったり…。

 

 

そうなってくるとどうしても老けて見られてしまいますよね。

 

年相応といってしまえばそれまでなんですが、中には20代という若さでも老け顔に見られてしまうという方もいます。

 

 

同じ20代でも老け顔に見られてしまう方とそうでない方ではいったい何が違うのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

老け顔に見られてしまうのはほうれい線やシミのせいだけではありません。

 

その人の性格や行動にも大きく影響しています。

 

 

普段から明るい性格で毎日が楽しいと感じる方と、苦労ばかりで後ろ向きな性格、それでいて人と接するのが苦手といった方では顔の表情も違ってきますから、見た目年齢に違いが出て当然ですよね。

 

 

ストレスを抱えている方、精神的に追い詰められている方ってどうしても老けたような顔つきをしています。

 

 

毎日明るく過ごせばいいよ!

 

笑ってすごしな!
そうすれば表情も明るくなって老けてみられないよ!

 

 

理論的は正しいですが、ストレスを抱えている人や性格が後ろ向きな方に突然そんなことを言っても人間そう簡単に変われるわけがありません。

 

 

 

 

まずは自分でできることから解決していくべきです!

 

 

20代という若さでも老け顔に見える特徴

 

若くても老け顔に見れらる女性にはどんな特徴があるのか?

 

女性にとって老け顔に見られるというのは深刻な問題です。

 

 

年齢いくつ?

 

 

20代…

 

 

えっーーー!!

 

 

年齢よりも老けて見えるねぇ…

 

 

そんなこと誰でも聞きたくありませんよね。

 

 

 

 

もし自分の行動一つで老け顔が少しでも改善できるのであればぜひともやっておきたいところです。

 

 

老け顔に見られてしまう特徴をいくつかあげみてみますので、気になるところは改善するようにしてください。

 

 

老け顔に見られる特徴

 

ほうれい線が目立つ

 

まぶたのたるみ

 

肌のシミ

 

肌のシワ

 

肌の潤い不足

 

ノーメイク

 

ヘアスタイルが古い

 

パサついた髪の毛

 

厚化粧が逆効果

 

暗い性格

 

 

 

この中で今すぐ改善できるとすれば「ノーメイク」「厚化粧」「ヘアスタイルが古い」「パサついた髪の毛」です。

 

社会人ともなれば多少なりとも最低限のメイクをする必要があります。

 

メイクも身だしなみの一つと考えられていますからね。

 

周りがメイクをしているのに自分だけスッピンってなると周りと比較しても老けて見えてしまうのは当然ですよね。

 

メイクが嫌いという方でもナチュラルなメイクは最低限するようにした方がいいですね。

 

 

逆に毎日バッチリ厚化粧をしているっていうのは逆効果です。

 

やはり自然なメイクというのを心がける必要がありますね。

 

 

 

ヘアスタイルが古いというのも老けて見られてしまう方の特徴です。

 

よく聞くおばさんヘアってやつです。

 

どれだけ顔立ちがよくてもおばさんヘアをしていたのでは老けて見られてしまいますよね。

 

 

パサついた髪の毛も気をつけたいところです。

 

髪の毛がパサパサだと清潔感がなく、若々しさは感じません。

 

 

この「ノーメイク」「厚化粧」「ヘアスタイルが古い」「パサついた髪の毛」を意識するだけでも老け顔対策としては有効です。

 

 

「暗い性格」についてはこれは性格的な問題なので今日、明日に解決できる問題ではありませんよね。

 

自分に自信がない、人前に出るのが恥ずかしいって方に明るくなれ!っていう方が無理な話です。

 

かといってそのままの状態では何も改善されないまま時間だけがすぎていき、ずっと老けた感じに見られてしまうことになります。

 

少しずつでも自分を変えていく努力が必要です。

 

 

「ノーメイク」「厚化粧」「ヘアスタイルが古い」「パサついた髪の毛」「暗い性格」これらの老け顔に見られる特徴のこの5つに関しては自分の努力しだいで解決できる問題です。

 

治せるところから改善していきましょう。

 

 

スキンケアが重要な老け顔に見られる方の特徴の改善策

 

では残りの

 

ほうれい線が目立つ

 

肌のたるみ

 

肌のシミ

 

肌のシワ

 

肌の潤い不足

 

 

この5つに老け顔に見られる特徴の対策をするにはどうしたらいいのか?

 

これらに関しては日々のスキンケアを頑張る必要があります。

 

もちろんバランスがいい食生活、ビタミンをしっかりと補給することも大事ですが、スキンケアはやっぱり重要です。

 

 

20代という若さでこれらの悩みが出ているのであれば肌に必要な成分が足りていない可能性が高いですからね。

 

でもほうれい線の対策をしたり、肌のたるみ対策、シミ対策、肌の潤い対策と全ての対策をしたとしたらコストがかかって仕方がありません。

 

 

 

まだまだ20代という若さですからそこまで資金的に余裕がないという方も多いはずです。

 

 

 

 

 

 

全ての対策が無理ならスキンケアの照準絞って「肌のたるみ」「ほうれい線」「シワ」「肌の潤い」を重点的にケアしてみてはどうでしょうか?

 

 

老け顔に見える大きな原因は「肌のたるみ」「ほうれい線」「シワ」がかなり大きいです。

 

 

これらの悩みであれば1本の美容液で解決できるのでコスパもグッとおさえることができるし、何よりケアの時間も短縮することができるので効率がいいと思います。

 

 

20代で老け顔で悩んでいる方で「めんどくさがり」な方が多いというのも特徴の一つです。

 

 

めんどくさがりな方にアレもしてコレもしてってなると老け顔対策をしたいと考えていてもきっと長続きはしません。

 

 

ケアしなきゃ…

 

でもめんどくさい…

 

そのままフェードアウト…

 

 

おそらくこのパターンに陥るのではないかと思います。

 

 

それなら1本だけで対策ができる美容液を使うメリットは大いにあるのではないですか?

 

 

1本の美容液で「肌のたるみ」「ほうれい線」「シワ」「肌の潤い」対策ができる美容液が「モイストリフトプリュスセラム」です。

 

 

モイストリフトプリュスセラムはドクターズコスメとして人気が急上昇している美容液で、塗るだけで肌の筋肉を収縮させる効果があって口コミでも評判が高い美容液です。

 

 

30代以降の女性に人気が高い美容液ではありますが、20代の方でも使っている方は多くいますし、何より20代という若さの肌に塗るわけですから、筋肉の収縮活動を促す効果は高いといえます。

 

 

60代よりも50代の方、50代よりも40代の方、40代よりも30代の方の方が使って効果が出るのに時間がかかりません。

 

それなら30代よりも20代の方の方が圧倒的に肌の悩みを解決できる可能性が高いわけです。

 

 

20代で老け顔に見られてしまう悩みをモイストリフトプリュスセラム1本で解決してみてませんか?