APP-Cフラセラムにも配合されているビタミンC誘導体って何?

よく「ビタミンC誘導体配合!」と書かれた美容液を目にすることはありませんか?

 

 

APP-CフラセラムにもビタミンC誘導体が配合されています。

 

でもこのビタミンC誘導体っていったい何なのか?

 

普通のビタミンCと違うものなの?

 

ビタミンC誘導体が美容とどういう関係があるの?

 

 

 

いまいちビタミンC誘導体のことを理解していないという方もいるのではないですか?

 

 

ビタミンC誘導体っていったい何ものなのか?

 

また美容とはどういう関係なのか?について紹介します。

 

 

ビタミンCとビタミンC誘導体は別物!?

 

美容のためにビタミンCを意識して摂取しているという方も多いと思います。

 

ビタミンCには抗酸化作用があり、美容効果も高い成分ですからね。

 

でもビタミンCというのは壊れやすい成分で、もし化粧品に配合したとしてもなかなかビタミンCとしての効果が発揮できずにいるんですね。

 

 

これはかなり致命的な欠点です。

 

 

 

しかもビタミンCそのままの状態ではいくら皮膚につけたとしても肌に浸透しにくい成分なんです。

 

 

ビタミンCがいくら美容にいいからといってもこのような欠点があったのではなかなか美容液に配合することはできません。

 

 

そこで人工的にビタミンCを改良して、壊れにくい、それでいて肌に浸透しやすくした成分がビタミンC誘導体というわけです。

 

 

ビタミンC誘導体はビタミンCをより効率的に肌に浸透させるために作られた成分のことなんですね。

 

 

 

ビタミンC誘導体にも種類がある?

 

ビタミンC誘導体は水溶性油溶性水溶性と油溶性の両方の3つの種類に分けることができます。

 

 

水溶性のビタミンC誘導体の特徴として、皮膚への吸収力が高いので化粧水や美容液によく使われています。

 

 

油溶性のビタミンC誘導体とは、本来であれば水溶性のビタミンCに油を混ぜたものです。よくクリームに配合されています。

 

 

水溶性と油溶性の性質をもつビタミンC誘導体は、水溶性と油溶性単独の効果よりもさらに浸透力が高いものと考えてください。

 

 

 

APP-Cフラセラムはこの水溶性と油溶性の両方の性質をもったビタミンC誘導体であるAPPSが配合しています。

 

 

通常のビタミンC誘導体と比較するとその浸透力は100倍以上!

 

つまりそれだけ肌の奥へと成分を届けてくれるということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビタミンC誘導体を使うことで肌にどんな効果が現れるのか?

 

 

 

ビタミンC誘導体と聞けばエイジングケア用の化粧品に多く配合されているイメージがあります。

 

実際に多くのエイジングケア商品にビタミンC誘導体が使われていますからね。

 

 

ビタミンCを多く取り入れることでシミの対策ができたり、ニキビ、ニキビ跡の改善、また活性酸素を取り除いたり、コラーゲンの生成を促進したりする働きがあります。

 

 

それと一番期待できることが肌のターンオーバーを正常化させることです。

 

 

肌のターンオーバーを正常化させることでシミ対策やニキビ、ニキビ跡対策ができますので、その場しのぎの対策ではなく、根本的な原因を改善することができるわけです。

 

 

根本的な改善が期待できるので再発の可能性も低くなるので、真剣に肌の状態を治したいと考えているのであればやはりビタミンC誘導体が配合している化粧品は使っておきたいところです。

 

 

 

ビタミンC誘導体を使うことでどんな美容効果が現れてくるのか?

 

ビタミンC誘導体には様々な美容効果が期待できます。

 

 

ビタミンC誘導体の美容効果

活性酸素の除去

→シワ、たるみなどの肌の老化対策

 

メラニンの抑制・分解

→シミの改善

 

皮脂分泌を抑制

→ニキビ、毛穴対策

 

コラーゲン生成

→肌のハリや弾力回復

 

 

 

ビタミンC誘導体のまとめ

 

ビタミンCには様々な美容効果が期待できますが、ビタミンCそのままの状態で化粧品に配合すれば壊れやすいという欠点がありました。

 

その欠点を改善したのがビタミンC誘導体で、ビタミンCの効果をそのまま受け継ぎ、化粧品に配合しても安定したビタミンCの効果を発揮してくれます。

 

また肌への浸透力もビタミンCよりも高く、エイジングケア用として最適な成分と言えますよ。

 

 

 

 

 

この記事の関連記事一覧

モイストリフトプリュスセラムとAPP-Cフラセラムをセットで使うメリットは?