カルノシン配合のモイストリフトプリュスセラムで糖化を防止!

モイストリフトプリュスセラムにはカルノシンが配合されており、糖化を防ぐには最適な美容液です。

 

 

 

 

糖化とは肌の弾力を保つのに必要であるコラーゲンやエラスチンが体内にある余分な糖と結合することで起こる現象のことです。

 

 

 

この糖化が起こってしまうと体内ではどんどん老化物質が作り出され、肌の弾力が失われたり、シワやたるみ、くすみといった肌の老化現象がどんどん進行していきます。

 

 

糖化によってできた老化物質はAges(エージーイー)と呼ばれていますが、このエージーイーは肌の老化だけではなく、全身の老化を進行させてしまうという物質です。

 

 

全身の老化を進行させるということは糖化が進行すれば健康面でも様々な影響を与えてしまうということです。

 

できることなら糖化は防ぎたいところです。

 

 

糖化現象が起こる大きな原因の一つに糖質の過剰摂取が原因とされています。

 

 

糖質を必要以上に摂取していると体内で余った糖が糖化へと変わっていくので、必要以上の糖の摂取は控えるべきですね。

 

 

糖をまったく摂らないというのも体に負担がかかるので、適量の糖は摂取すべきですけどね。

 

 

最近では糖質オフダイエットが流行していて、糖質をまったく摂らないという方も多いと思いますが、極端なダイエットは控えるようにしてくださいね。

 

 

カルノシンってどうやって摂取すればいいの?

 

カルノシンを多く摂取したいのであれば鶏肉がオススメ!

 

特に鶏の胸肉!

 

鶏の胸肉にはイミダゾールペプチドという成分が含まれており、疲労回復やアンチエイジングに効果があると言われています。

 

イミダゾールペプチドというのはいくつかのアミノ酸が集まったペプチドです。

 

アミノ酸の組み合わせによってイミダゾールペプチドはいろんな種類があるのですが、その中でもカルノシンの効果が特に期待できるんですね。

 

 

カルノシンって糖化現象を防ぐことができるの!?

 

 

 

糖化が進行すれば肌だけでなく体全体の老化が進行します。

 

肌のたるみやくすみ、それに肌のハリが不足してきた原因の一つにAGEsの増加が関係している可能性もありますので、何かしらの対策はしておきたいところです。

 

 

 

AGEsの増加を防ぐならやはり糖質の摂取を控えることが重要になりますが、それだとすでにできてしまったAGEsには対応することができません。

 

すでにできてしまっているAGEsをなくすにはそのAGEsを分解することが必要になります。

 

そこで活躍するのがモイストリフトプリュスセラムにも配合されているカルノシンなんです。

 

カルノシンの2つの効果

 

  • 活性酸素を抑える効果が期待
  • AGEsを分解してくれる

 

 

モイストリフトプリュスセラムに配合されている全成分

水、グリセリン、スクワラン、BG、酒石酸ジメチルエタノールアミン、ポリアクリルアミド、カルノシン、水添ポリイソブテン、アセチルヒアルロン酸Na、チオクト酸、サクシノイルアテロコラーゲン、トコフェロール、パルミチン酸レチノール、ナイアシンアミド、シア脂、オレンジ油、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、ラウレス-7、ジメチコン、PEG-60水添ヒマシ油、1,2-ヘキサンジオール、フェノキシエタノール

 

 

カルノシンは人間の筋肉内にもある成分で、いろんな動物の肉中にも存在する成分です。

 

 

 

モイストリフトプリュスセラムを肌に塗ればカルノシンの効果で糖化を分解し、肌のハリの回復、それに肌のたるみやくすみといった肌のトラブル対策に有効なんです。

 

 

モイストリフトプリュスセラムの効果に期待できること

DMAEの効果で筋肉の収縮活動を活発化!

 

カルノシンの効果で糖化防止!

 

さらにはエイジングケアに最適な成分がたっぷり!

 

 

筋収縮の活動が弱くなったり糖化が進行してしまい、肌のたるみやシワ、それにくすみといった症状が表れ始める30代や40代の女性にモイストリフトプリュスセラムの人気が高いのは、これらの対策がモイストリフトプリュスセラム1本でできるというのが大きな理由なんでしょうね。

 

 

 

この記事を読まれた方は次の記事もよく読まれています