肌のたるみ対策で効果的なのは表情筋を鍛えること!もちろん有効成分も!

30代をすぎた女性が抱える悩みの一つに肌のトラブルがあります。

 

 

 

 

まあ30代だけではなく、20代の女性の方にももちろん肌の悩みってありますし、40代や50代の方でも当然あるわけです。

 

 

20代の方の肌の悩みに多いのが「毛穴の黒ずみ」です。

 

乾燥肌やニキビといった悩みが多いのも20代の女性の肌の悩みの特徴ですね。

 

 

じゃあこれが30代となるとどう変化するのか?

 

30代で多い肌の悩みはシミやたるみ、あとくすみや毛穴の開き、ハリ不足といったところです。

 

 

もちろん20代の方のように30代の方でも毛穴の黒ずみで悩んでいる方もいますし、乾燥肌やニキビで悩んでいるという30代の方も多いと思います。

 

 

ですが、それ以上にシミやたるみ、くすみ、ハリ不足、毛穴の開きといったことで悩んでいる30代の方が圧倒的に多いというのが現実です。

 

 

 

 

20代も30代も同じ肌の悩みなのに根本的に違う点が1つあります。

 

 

それは肌トラブルの原因が肌の表面上の問題なのか肌の内部の問題なのかの違いです。

 

 

20代の方だとまだ加齢によって起こる肌トラブルというのは少ないですが、これが30代以降になると加齢によって起こる肌トラブルが起き始めてくるわけです。

 

 

加齢によって起こる肌トラブルって何?と聞かれれば、肌の内部の衰えによるトラブルです。

 

表情筋が弱くなりハリを感じなくなったり、シワが目立ち始めてくるのも加齢によって起こる肌トラブルですよね。

 

 

それとやはり肌のたるみ!

 

筋肉が加齢によって衰えることで肌のたるみが引き起こされます。

 

 

20代だとまだまだ筋肉に弾力がありますが、年齢を重ねることでこの弾力がどんどん失われていきます。

 

 

30代の方より40代の方の方が筋力の衰えは大きいですし、40代よりも50代の方の方がもっと衰えが大きいですからね。

 

 

できるなら衰える前からしっかりと対策しておきたいところです。

 

 

でも加齢によって起こる肌のトラブルってどういった対策をすればいいのか?気になったりしませんか?

 

 

当然ながら若い頃から表情筋を鍛えておくというのも一つの手段ではあります。

 

 

表情筋を鍛えることで筋肉のハリの衰えを防ぐことができるので肌のたるみ予防には最適ですが、これだけでは不十分なんですね。

 

 

あと何が必要なのかと言えば、肌に対して有効である成分を与えて上げることです。

 

 

肌に必要な有効成分が不足していると表情筋を鍛えるだけでは肌トラブルはなかなか解消することができません。

 

 

可能であれば表情筋を鍛えるのと同時に肌に必要な有効成分を与えてあげるのが最適です。

 

 

この2つの対策が同時にできるモイストリフトプリュスセラムはオススメですよ^^

 

 

 

 

 

 

肌のたるみが起こる原因とは?

 

肌に必要な成分を与えてあげるなら加齢によって減少してしまう成分を積極的に肌に与えてあげることが重要です。

 

 

 

 

肌のたるみが進行する原因を考えてみると、まず真皮層のコラーゲンの量が加齢によって減っていくということがあります。

 

 

20代の方のように年齢がまだ若ければ真皮層に存在するコラーゲン繊維はエラスチン繊維と繋がっているのでハリのある肌を保つことができます。

 

 

でも年齢を重ねることでこのコラーゲン繊維とエラスチン繊維はどんどん減少していきます。

 

 

この2つの繊維がどんどん減少していくと肌を正常な位置で支えることができなくなり、肌のたるみが進行していくわけです。

 

 

この肌のたるみの進行を食い止めるにはコラーゲン繊維とエラスチン繊維の量が減少しないようにしっかりと有効成分を真皮層に届けてあげることが大事になってきますね。

 

 

表情筋を鍛えることでリフトアップ効果が期待!

 

表面上は分かりにくいのですが、顔はいろんな筋肉で構成されており、それぞれの筋肉が上手く動くことで目や口、鼻を動かすことができるのです。

 

 

顔には全部合わせると18個もの筋肉があります。

 

 

ということはこれらの顔にある筋肉が上手く動かないと目や口や鼻が自分の思い通りに動かすことができません。

 

これらの筋肉は表情筋とも呼ばれています。

 

目を動かすなら目の周りの表情筋が活動していることになり、口を動かすなら口の周りの表情筋が活動しているということです。

 

 

加齢によってこの表情筋はその筋力を失っていきます。

 

筋力を失うことで肌のたるみを引き起こしますわけです。

 

 

また加齢だけでなく、表情筋は動かさないとどんどん筋力が低下していきます。

 

普段あまり笑わなかったり、顔の表情が乏しければ筋力は低下していく一方!

 

 

この筋力の低下を防ぐには普段から顔の表情を豊かにしておくことが大事です。

 

 

そんなことをいっても性格によってはあまり笑わない方もいれば、あまり話すのが好きでないという方もいますよね。

 

 

そんな方は自宅で一人でもできる表情筋を鍛えるトレーニングをしてみてはどうですか?

 

 

表情筋を鍛えるトレーニングって肌のたるみを改善するのにかなり効果的ですからね。

 

 

口元のたるみが気になっている方であれば、口周辺を動かすトレーニングが有効ですし、目元のシワやたるみが気になっているのであれば目を動かすトレーニングが効果的です。

 

 

口元の表情筋を鍛えるトレーニングだと「あ・い・う・え・お体操」が有名です。

 

 

「あ・い・う・え・お体操」というのは口を大きく開けてちょっとオーバー気味に「あ〜い〜う〜え〜お」と発声するというとてもシンプルな表情筋トレーニングです。

 

 

たったこれだけの運動でも口周辺の筋肉を鍛えることができるんですね。

 

 

信用しがたい運動ですが、コレってかなり効果的です。

 

 

この表情筋を鍛えるトレーニングを行うのと同時に肌のたるみに対して有効な成分を与えることでその効果はさらに大きくなります。

 

 

モイストリフトプリュスセラムは筋収縮活動を活発にしてくれるDMAEが配合されているので、表情筋を鍛える時に使えばかなり効果的ですよ!

 

 

表情筋を鍛えるのと同時に肌に有効成分を与えるモイストリフトプリュスセラム

 

 

肌に必要な有効成分を与えてあげるにはやはりスキンケア商品を使ってあげるのが最適です。

 

 

同じスキンケア商品でもやはり有効な成分がより多く配合されている美容液がオススメです。

 

 

美容液は普通の化粧品とは違いそれだけ美容に特化した成分が配合されているので、本気で対策するのであればやはり美容液を使った方が効率がいいですね。

 

 

でも求めているのは表情筋を鍛えるのと同時に肌に有効成分を与えてあげることです。

 

自分で表情筋トレーニングを行いつつ美容液を使うというのも一つの方法ではありますが、それ以上に効果的なのが表情筋を鍛える成分も配合しつつ、肌に必要な有効成分が配合している美容液です。

 

 

表情筋を鍛える効果がある成分

 

肌に必要な有効成分

 

 

この2つの成分が配合している美容液が「モイストリフトプリュスセラム」なんです。

 

 

モイストリフトプリュスセラムには筋肉の収縮活動を活発にさせるDMAEという成分が配合されているので、塗るだけで筋肉の収縮活動を促す効果が期待できます。

 

 

わざわざ表情筋トレーニングをしなくても塗るだけで表情筋を鍛えることができるのがDMAE!

 

もちろんモイストリフトプリュスセラムを塗るのと同時に表情筋トレーニングを実施すればそれだけ得られる効果は高いです。

 

DMAE以外にもモイストリフトプリュスセラムには肌に必要な成分が多く配合されていますので、エイジングケアにも最適な美容液です。

 

 

年齢を重ねるにつれ徐々に減少していくコラーゲンも当然配合されていますし、コラーゲンを作り出す効果が期待できるカルノシンといった成分も配合されていますよ。

 

 

モイストリフトプリュスセラムを使えば1本で「表情筋を鍛える効果」「肌に必要な有効成分を与える効果」の2役の効果が期待できるということです。

 

 

肌のたるみ、シワ、ほうれい線といった30代以降の女性に多く表れる肌トラブルを解消するのにモイストリフトプリュスセラムはこれ以上ない美容液です。

 

 

 

 

 

 

この記事を読まれた方は次の記事もよく読まれています

 

リフトアップの化粧品って本当に肌のたるみを治せるの?

 

敏感肌でも使える美容液なの!?

 

20代で老け顔に見られるなんてイヤだ!何か解決方法ってある?